ギターメンテナンス

ギターメンテナンス

指板オイル3種テストに決着、というかギブアップ。

2021/9/15  

2020年7月上旬より開始しました「指板お手入れオイル3種テスト」ですが、流石にもういいだろうという事で、ここに結果をご報告させてもらいます。 何度か途中でお話しした通り、そもそも実験方法に不備があり ... Continue reading «指板オイル3種テストに決着、というかギブアップ。»

ギターメンテナンス

【14年ぶり】Benedetto 16" Customの弦交換【2度目】

2021/3/8  

14年ぶり、2度目の弦交換です。 前回(初)はブリッジの位置ずれを気にした為、弦を1本ずつ交換するスタイルだったのですが、今回は一気に全交換のストロングスタイルで臨みます。 って、弦交換如きに大袈裟で ... Continue reading «【14年ぶり】Benedetto 16" Customの弦交換【2度目】»

ギターメンテナンス

【古いギターの】1947 D'Angelico New Yorker【弦交換】

2021/2/28  

全く弾かないギターに関しては弦やブリッジを外して保管してもいいかな、なんて思っているのですが、このニューヨーカーは月一でポロポロと音を出したくなるのでそうはいかず、こまめに(年に1回)弦を交換しており ... Continue reading «【古いギターの】1947 D'Angelico New Yorker【弦交換】»

ギターメンテナンス

半年後のドライフォルテ

2021/2/2  

漬け込んだ漬物の具合を見る、そんな感じでしょうか。 仕込みの記事↓ Archtop Archive梅雨明けにドライフォルテ投入http://archtop-archive.com/2020/08/19 ... Continue reading «半年後のドライフォルテ»

ギターメンテナンス

梅雨明けにドライフォルテ投入

2020/8/19  

毎日本当に暑い日が続きますね。 今日は部屋の掃除の最中に未開封のドライフォルテを見つけたので、何となくハードケースに突っ込んだという、本当にどうでも良い話です。 久々のドライフォルテですが、説明を見な ... Continue reading «梅雨明けにドライフォルテ投入»

ギターメンテナンス

深淵を覗く

2020/8/16  

サウンドホールの中、トップの裏側やらはどんな手抜きが為されているのだろう?? これまでにもヴィンテージと言われる世代のギブソンやディアンジェリコの中に鏡を突っ込んだ事はあったのですが、イマイチ痒いとこ ... Continue reading «深淵を覗く»

ギターメンテナンス

第3回フレットバター塗布

2020/7/21  

しつこい様ですが、フレットバターが掠れるまでつづけます。 手を痛めてギターが弾けないので、こういう事をして気を紛らわせています。 手を痛めたマヌケな経緯 Archtop ArchiveD'A ... Continue reading «第3回フレットバター塗布»

ギターメンテナンス ギター&関連グッズ

指板お手入れオイル3種を試す。

2020/7/9  

指板のお手入れにオイル、私は最近塗る様にしております。 理由は乾燥を防ぐというのもあるのですが、私の場合は見た目が美しくなるというところが大きいです。 綺麗な指板の状態ですと弾いていても気持ち良いです ... Continue reading «指板お手入れオイル3種を試す。»

ギターメンテナンス

サイレントギターSLG200Sにフラットワウンドを張ってみる。

2020/7/3  

サイレントギターSLG200Sにフラットワウンドを張ってみる このところブロンズ弦といえばエリクサーやらのコーティングものを張っていたため、サイレントギターに最初から張ってあった滑りの悪い弦になかなか ... Continue reading «サイレントギターSLG200Sにフラットワウンドを張ってみる。»

ギターメンテナンス

弦交換やら色々やりました。

2020/7/1  

「呪いのハードケース」の御祓(脱臭)作業中、時間がありましたので弦交換やら色々やりました。   現在ハードケース内では脱臭作業が粛々と行われています。 その時の記事はこちら Archtop ... Continue reading «弦交換やら色々やりました。»

© 2021 Archtop Archive