ドライフォルテを交換する。

ドライフォルテを交換する。

ドライフォルテを約7ヶ月ぶりに交換しました。

ギターの湿度管理に「ドライフォルテ」を導入する

3−4ヶ月毎に交換してくれと注意書きがあったのですが、気が付けばこんなに月日が経っておりました。
カメラ用の乾燥剤をパンパンに膨れさした事があるので、恐る恐るギターケースを開けたのですが、7ヶ月ぶりに出てきたこいつは、それほど変化しておらず、設置した時と同じ様な状態に見えました。
しかし、Calton case以外のハードケースから出てきたドライフォルテは、膨らんではいませんでしたが、中はニュルニュルのゼリー状となっていて、ケースの機密性による違いが顕著に見られました。
いや、ドライフォルテの個体差でしょうかね。
それは次の交換で結論を出そうと思います。

結果次第ではCalton caseを買い増すかも知れません。

↓7ヶ月後のCalton内ドライフォルテ。部屋の湿度は常時50-60%でした。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ページ上部へ戻る